会計士目指して

会計士になるには、かなりの勉強と知識と時間が必要になりますが、それ以外に必要なものは何でしょうか。会計士という職業的なところから考えてみましょう。まず、数字に抵抗がなく、強いことが基本です。そして、細かな注意力と集中力、加えて物事を冷静に判断そして処理できる能力、そして不適切な処理を見つけたときに確固たる姿勢で臨めるかどうかというところでしょう。

もちろん、そういったところに関しては、実際の業務に入ったときからでも徐々に対応できてくるものですが、事前に身につけることによって、自信に結びつくことは言うまでもありません。このようにある程度必要と思われる資質など、勉強や資格試験の他にもいろいろとハードルが高い会計士ですので、その人数は今はまだ少ないのが現状です。

ですが、今後の日本経済社会の発展のためには、無くてはならない存在であることは確かです。一つの会社の会計を知ることは、その経営に関しても大きな意義を持ちます。そういった意味でも、会計士資格は将来、会社の中枢になれるという大きな魅力があり、また当然、就職の面でも有利なものになるでしょう。そのための専門学校の選択は大きな決断を伴いますが、公認会計士を目指すあなたの心強いパートナーになることは間違いないでしょう。

Pocket