会計士資格と専門学校

みなさんは、会計士と言う職業をご存知でしょうか。会計士というのは、会計監査業務をメインに、経理業務やコンサルティング、税務業務などを行う人です。会計士になるには、年齢や学歴は一切関係なく、年一回行われる国家試験に合格し、その後監査法人などに所属し、実際に2年以上の業務補助を経て、日本公認会計士協会が行う最終試験に合格することです。ただし、先に行われる試験は、司法試験と同じくらい難易度が高いもので、合格するにはそれなりの学習や知識が必要です。その上で、将来の進路について、会計士を目指そうと考えたときに、まず高校卒業まではほとんどの人たちが選択の範囲として考えるでしょう。

さらに、国家試験に向けて、その後は選択肢も増え、自分にあうものを選べますが、市販の専門書での独学か、もしくは大学か専門学校への進学によって、試験に向けた対策をとらなければ合格は難しいでしょう。大学を選んだ場合は、高度な専門性を追求することもできますが、幅広い視野で学ぶために、試験に向かう即戦力にはなりにくい部分もあります。しかし、専門学校の場合は、目標に向けて特化した専門的授業になるので、その分有利に試験に向かうことができるでしょう。とくに会計士資格取得コースを設定している専門学校であれば、まるで塾と同じように合格へ向けた学習を提供してくれるようです。こういった専門学校での学習をうまく活用して、自分のものにすることは大きな自信につながることでしょう。

Pocket